【26夜目】興奮冷めやらぬ【30日間早寝早起き】

shibuya109

bunkamuraオーチャードホールで行われた「リズムを体感コンサート」に行ってきました(=゚ω゚)ノ 押尾さん目当てだったのですが、共演者の皆様も素晴らしく、興奮して寝付けなかったお話。

こんなイベント行って来ました。

リズムを体感コンサート
リズムを体感コンサート

東京都が主催で、無料で開催されたコンサートです。無料とはいえ、かなり内容が濃く、ファンならヨダレものの競演を見る事ができました。

東京在住の方や東京に通勤・通学してる方を対象に募集があり、僕も光の速さで申し込んだのですが、残念ながら落選w

当選したコタ友さん(押尾コータローファンの友人の方)にお誘い頂いて、運よく見る事ができました。いわゆる代打ですね。しかも、代打なのにめっちゃいい席で。その事については、後日イベントレポートの形で書かせて頂こうと思います。Aさん、ホント感謝です!ありがとうございます!!

とりあえずセットリストだけ

さて、ライブレポを書きはじめたら、書き終わる前に就寝時間になってしまう自信があるので、今回はセトリだけ。

セットリスト

  • 鼓童(和太鼓)
  • 熊谷和徳(タップダンス)
  • 押尾コータロー(アコースティックギター)
    1. 彼方へ
    2. サバンナ
    3. Snappy!
    4. Big Blue Ocean
    5. BOLERO(with 熊谷和徳)
    6. Legend ~時の英雄たち~(with 鼓童&熊谷和徳)
  • フィナーレ

ごめんなさい、鼓童さんと熊谷さんの演目名がわからないので、曲名は省略させていただきました。

荒々しくも非常に繊細な和太鼓、足でやってるとは思えない程細かいリズムを刻むタップダンス、そして我等が押尾コータロー。三者三様、それぞれの持ち味が楽しめた素晴らしい公演でした。芸術でした。アートでした。

というか、公演時間の半分くらい「ドレミ」の音階が全くないコンサートって非常に稀だと思う(それで音楽になってるのが本当にすごい!)

ああ、ちなみに、ジャンルの異なる彼らのパフォーマンスを比較する事は愚かな事だとは思いますが、ただ、

トークに関しては押尾さんが圧倒的にウケてた様に思います。

(ちなみに汗の量も押尾さんが一番。笑)

とにかく重要なのは、とても良い公演で、とても興奮したということですね。

詳しくは、後日ライブレポートの形でこのブログかフェイスブックにでも投稿します。え?どうせまたサボるんだろうって?いや、やりますよ。いい加減そろそろ本気だしますよ。明日から。

 

興奮冷めやらぬ

さて、案内には7時頃終了予定とありましたが、終わってみれば7時40分頃。出血大サービス!就寝時間の9時半に向けての行動は以下のとおり。

そんなわけで、なんとか9時半ちょっとすぎには寝床に入ったのですが、コンサートの興奮がまだ残っていて、しかもダッシュで汗をかいたのに風呂も入らずに寝てるもんだから気持ち悪いw おまけに身体が熱を帯びて熱い。

結果全然寝付けませんでしたw

たぶん、12時近くまでは布団の中で起きてました。目パッチリでしたから。この夜ほど、帰らず出待ちしてれば良かったと後悔した事はありませんね(笑) 嗚呼、勿体無い。勿体無い。

ただ、そんな僕にまたひとついい事が。

 

 

本当にどう転んでもラッキーな1日ですw

 

本日の睡眠

そんなワケで、長くなりましたが、ようやく本日の睡眠結果ですw

睡眠は正直ボロボロです(笑)それでも3:30頃に起床。根性ついたんかな?早朝のうちは大丈夫でしたが、午後に近づくにつれ、眠気とダルさで、思うように作業がはかどらず、ゴロゴロ・ダラダラしました。ああ、コレいつもの休日ですね

Pocket

Adsense by Google