【30夜目】30日間練習した “A Whole New World” 弾いてみた【30日間早寝早起き】

A Whole New World弾いてみた。

ヽ(゚Д゚)ノ 終わったー!やっと終わりましたよー!!チャレンジの締めに、課題曲「A Whole New World」を弾いて30日間の成果を示したいと思います。

その前に最後の朝

最後にしてはなんだか締まらない「体動あまり検出されず」という結果(笑)でもまあ、よく眠れたから良しとします!

これが1ヶ月のデータ。なんだかいい感じ(?)に見えます。あまり眠れなくて辛かった時もありますが、1日1食なんかと比べるとかなり楽でした。

 

早寝早起きの健康効果

よくわかりませんでした(笑) 一時期、毎朝のお通じも良くなりましたが、今では元とおり。ただ、食欲のコントロールに関してだけは、大きな威力を発揮してくれました。痩せましたよ、間違いなく。

ほら、体重もこの通り。27夜目の時に、これがベストの体重だと思う的な事を書きましたが、ほとんどその状態から変わりなし。

ダイエットしたいけど、運動も食事制限もツライという方は、騙されたと思って試してみると良いかもしれません(=゚ω゚)ノ

 

「A Whole New World」弾いてみた。

映画「アラジン」で有名なこの曲。まだまだ完成と言うには程遠いですが、これが僕の手に入れた30日間の成果です

練習はほとんど早朝の出社前。このくらいの難易度の曲を僕の普通のペースでやれば、通し弾きできるようになるのに少なく見積もっても3ヶ月~半年くらいはかかると思います。朝練効果ですかね(笑)

矢後さんの演奏は一度しか生で見た事はないのですが、忘れられなかったあの演奏を自分の手で再現できるなんて、とても嬉しい事です。

 

早寝早起きとはなんだったのか

早寝早起きというと、なんだか健康的になれそうなイメージがあります。しかし、少なくとも、僕の経験した早寝早起きは健康云々というモノではありませんでした

確かに体調が良い日もありましたが、不調の日もありました。それは普通に生活しているのと何も変わりありません。

早寝早起きの本質は、結局のところタイムマネジメント(時間管理)なんだと思います

1日の中で自分が大切にしたい時間や活動に、自分が一番パフォーマンスを発揮できる時間を持ってくる事、それが早寝早起きの全てです

以前にも書きましたが、「仕事上がりの一杯が人生で最高」と思う人は、早寝早起きなんかしなくて良いのです。たとえ夜型生活になっても、最高の時間を最高に楽しめる様に寝起きするべきです。

 

反省点

この企画自体、思いつきの見切り発車でスタートしたものですから、全体的に主観的で、まとまりのない内容になってしまったのかなあ、なんて思いがあります。

モニターしていく項目をもう少しキッチリと絞ってみたり、睡眠のマメ知識的な情報をもう少し盛り込んでいければ良かったのかなあ、なんて思います。

時間の限られた中でやっていたので、仕方ない部分ではあると思いますが、今の自分の限界を知れたという意味で良しとします。

書きたいけれど書ききれなかったトピックスは、後でまとめ記事的な感じにして投稿したいと思います。

 

終わりに

 

何のために努力を続けるかというと、やはり自分のためです。いつからかコツコツ努力することがカッコ悪いという風潮がありますが、いいじゃないですか。カッコ悪くたって。
by 渡辺謙

 

ここまで読んで下さって、本当にありがとうございましたm(_ _)m

Pocket

Adsense by Google