通販でギターとかウクレレ買うのは、ソシャゲでガチャ引くのと同じ

ギターガチャ

某ハー〇オフの楽器コーナーを眺めていた時に考えたお話です(´・ω・`)

 

YAMAHAと言えば、とにかく均質な作りのメーカーというイメージを持っています。アタリハズレなし!どれをとってもYAMAHA!

 

しかし、そんなYAMAHAの作っている同名の商品でも、上記の様に全然性格の違う音色を奏でることがあります。まあ、厳密にはこの世に2つと同じものなんて作れないわけですから、どうしたって個体差が生じるのは当然のことです。

 

同じ時期に同じ材料で同じように作っていても、多少の個体差は出ます。まして、制作年が違えば、その時その時に入手できる材料に差ができるかもしれませんし、木材の出来なんかも年によって異なるかもしれません。制作している海外工場の拠点が変更される事だってあります。当然、差は大きくなることが予想されます。

 

ですから、楽器を買うときはなるべく手に取って、いろいろ触って、実際に弾いてみて、これという一本に決めたいですね。

 

通販ではなかなか出会えない楽器にリーズナブルに出会える

…ただ、最近のAmazonなどにおける安ウクレレの盛り上がりを見ていると、それはそれで楽しいものがあります。また、僕が購入して当ブログでご紹介したIbanezピッコロギターの様に、量販店ではなかなかお目にかかれないギターも取り扱ってたりしますし。

Ibanez EWP14WB-OPN(ミニミニ・サイズギター)レビュー

 

買う前にいくらググって調べてみても、やはり実際に手元に届くまでは、どんなものかわかりません。それが数10万円もするような楽器なら、とてもお金を出す気はしませんが、1万円以内の安いものなら「まあ、失敗してもいいかな」なんて気持ちで買えてしまったり(笑)

 

そういう時って、届くまで結構ドキドキワクワクします。で、届いてみたら、「やっぱり失敗したー」と思う事もあれば、「案外気に入ったー」なんて事もあります。通販でしか味わえない醍醐味だと思います(笑)

 

ソーシャルゲームのガチャと一緒

言ってみたら、通販で楽器買うのって、ソシャゲのガチャと一緒ですよね。

どんなキャラクターが引けるかわからないけど、「レアキャラ来い!」っと、ワクワクドキドキしながら引いてみるあの感じ。

 

狙ったのが来た時の高揚感

期待してないのが来た時のガッカリ感

意外なキャラが来た時の「おっ?」ってヤツ

 

個人的に、一番価値があるのは「おっ?」ってヤツだと思ってます。思ってたのと違う…でも決して悪くない、おもしろい。そういう個体って、リアル店舗で出会っても絶対に買いませんから(笑)そんなわけで、楽器との出会いをガチャ運に任せてみるのも、時々は悪くないかもしれません。安いヤツならね。

 

Pocket

Adsense by Google