Aki Miyoshi・さらさ・武田昌俊ジョイントライブ行ってきた。

地下酒場

7月8日に開催された大阪北浜【地下酒場】での『Aki Miyoshi・さらさ・武田昌俊ジョイントライブ』に行ってきました。とてもいいライブでしたよ(=゚ω゚)ノ

※更新まで期間が空いてしまったので、セットリストなど、記憶喪失気味なのはご了承くださいw

 

山形県出身のギタリスト『武田昌俊』さんのライブ告知を発見(ツイッターじゃなくてFacebookだったけど)。今回は関西ツアー!しかも、競演者は『Aki Miyoshi』さんに、広島の『さらさ』さん。すごいメンツが揃ったなーヽ(゚Д゚)ノ

と、いうことで、たまたま休みが重なったので駆け付けてみることに。

地下酒場

初めてお邪魔しましたが、暖炉とか置いてあって、なかなか良い雰囲気のお店でした。

Aki Miyoshiさんのツイッターよりm(_ _)m

1階が飲食店(Peggy Sue)、B1階がライブスペースになってました。飲食とライブスペースがきちんと住み分けされているのは、個人的には好感もてます。ライブ中に厨房の音で気が散ったりしなそうですし(笑)

ライブ

『Aki Miyoshi』さん ⇒ 『武田昌俊』さん ⇒ 『さらさ』さんの順での演奏でした。

 

Aki Miyoshiさん

クラシックギター・ソロの演奏スタイルですが、ストラップを付けて立弾き!一般的なクラシックギターソロの方の演奏とは一味違います。

強弱のメリハリの効いた演奏、表現力が素晴らしかったです。

演奏中、ボディヒットだけでなく、ブラッシングでなでるようにして音を出しているのが印象的でした。どうやってるのかなー?っと、ギターをコッソリ見せてもらうと、何やらボディを加工した後?発見。

Akiさんのギター
Akiさんのギター ギロの様な加工のあとが?

 

武田昌俊

アコースティックギター・ソロの演奏スタイル、『緑のロン毛の人』ですね(笑)

一部では『癒しギター帝王』と呼ばれているだけあり、心に染み入る珠玉のバラードが魅力的でした。ギターの音色もいい感じです。

山形県出身のギタリストさんだけあって、山形の景色や情景を想って作曲されたモノが多いそうです。一緒にライブを見に行った山形県出身者も、「山形の景色が目に浮かんで懐かしくなりました」と言ってました。僕も一応山形に住んでたので、なんかわかるかも(笑)

 

さらさ

アイリッシュハープのMachikoさんと、アコースティックギターの森川敏行さんで結成されたインストデュオ。実際に見たのは今回で2回目ですが、お二人の音楽が僕、大好きです(*´ω`*)

今回は、海外演奏旅行でのインスピレーションから生まれたアルバム『voyage』から中心に演奏されてました。

演奏中、お二人は息ピッタリなんですが、MCになるとイマイチ息が合わないのが、またちょっとツボでしたw

 

アンコール

アンコールはThe Rose(有名なヤツ。『紅の豚』でも採用されてるヤツ。)を出演者4人で素敵セッションでした(*´ω`*)

 

CDとか

戦利品をご紹介します\(^o^)/

武田昌俊デモCD
武田昌俊デモCD

武田さんは8月に初のCDをリリースされるそうですが、今回怪我などの都合で間に合わなかったそうで…(ノ_・。)

デモCDを持っていらしたので、こちらをいただきました。

 

 

さらさ ひととせ
さらさ ひととせ

さらささんからは、1年の12ヶ月それぞれの情景を曲にしたアルバム『ひととせ』を。

ちなみに、以前から所持していた『栞音』を持参してみました。森川さんが「このCDなつかしい!」とおっしゃってました。

さらさ 栞音
さらさ 栞音

幸運にもサインいただきました!!\(^o^)/

さらさ 栞音 サイン!
やったー!ありがとうございます!!

栞音はもうCDも残ってないそうで、なかなか入手できないそうでう。大事にしなきゃですね!!

 

Aki Miyoshiさんからは、『THE ROCK GARDEN』と『Easy To Use』を。価格設定が

  • オンライン購入:2500円
  • 会場購入:2000円
  • 会場2枚購入:3000円

とのことで、これは2枚買うしかないでしょw

『アタリが出たらサイン』とか、やっぱり関西人。商売上手でサービス精神旺盛です(笑)

Aki Miyoshi THE ROCK GARDEN
Aki Miyoshi THE ROCK GARDEN
Aki Miyoshi Easy To Use
Aki Miyoshi Easy To Use サイン入りわーい\(^o^)/

 

※ちなみに、ジャケットにサインが書いてないCD達も、全部内側とかにサイン頂きました。

 

そんなわけで、楽しい時間があっという間に過ぎ去ったのでした。3組4人のアーティストに拍手と感謝です。

Pocket