レジでポイントカードの提示を求められた時「持ってないです」より「忘れちゃいました」で一石三鳥。

credit_card

コンビニやスーパーのポイントカードを持たない人こそ読んで欲しい(´・ω・`)

ポイントカードは持たない

僕は普段、自宅近くの安売りスーパーか、立ち読みに寄ったコンビニでしか買い物しません。

しかし、仕事帰りにスーパーの特売を見かけると、ついつい足を運んで買い物してしまう事があります。

普段あまり使わないからポイントカードも作ってないんですけど、当然お会計で「ポイントカードはお持ちでしょうか?」って流れになるわけですよ。

「持ってないです。」と一言。
どこにでもよくある光景です。

ある日の衝撃的な出来事

しかしある時、レジに並んでるおばちゃんが「今日忘れちゃいましたー」って、笑顔で言ってるのを見たんですよ。

その時「この返しスゴッ!!」ってビックリしたんですよ。

ほんと衝撃的でした。

その場で真似してしまいました(笑)

 

スゴイ1:感じイイね!な返答

このおばちゃんがポイントカードを本当に忘れてしまったのか、持ってないのかはわかりませんし、どちらでも良いことです。

ただ、「持ってないです」だとなんだか冷たい感じがしますけど、笑顔で「忘れちゃいました」だと、なんだか温かい感じがしませんか?

おばちゃんの人間味ある姿も伝わってきます。

 

スゴイ2:常連アピール

さり気なく「いつもここで買い物してます!わたし常連ですから!」っというアピールになってます(笑)

口にしたら少々野暮ったいですが、言葉にせず、丁寧な態度であればむしろ好印象でしょう。

 

スゴイ3:「カードをお作りしましょうか?」の流れも回避できる。

「ポイントカードをお持ちですか?」

「持ってないです」

「お作りしましょうか?(マニュアルだから聞いてる)」

「いえ、結構です・・・(イラネ)」

・・・という、あの気まずい空気も回避できます(笑)

画期的です。

 

客だからと言って「お客さん」にならない

ここでのおばちゃんの言動って、お客であると同時に、店員さんへのサービスになってると思うんですよ。

おばちゃんの接客をした店員さん、にこやかでした。

店員さんにいいサービスができれば、その店員さんは他のお客さんにいいサービスができるかもしれません。

そうやっていいサービスの連鎖が続いていけば、気持ち良い世の中ができる…かも?

早速あなたも明日から、レジでポイントカードの提示を求められたら、笑顔で「忘れちゃいました」って言ってみませんか?

あなたのその一言で、あなた自身とあなたが関わった人たちの世界がほんの少しだけ良くなるかもしれません。

※2015/8/9追記
別のパターンもあるとの情報を頂きました。実践する際には注意しましょう。

Pocket