YAMAHA APXT2(トラベルギター)レビュー

YAMAHA APXT2トラベルギター

連日ピッコロギターばかり紹介してましたが、一緒に購入したYAMAHAのAPXT2もご紹介します(=゚ω゚)ノ 今回は写真ばっかり。

先日2本まとめ買いしたうちの一本です。全体的なサイズ感とかAmaonで注文した際の梱包状態は、下記の記事を参考にしてください。

Amazonで一夜にしてミニギター2本購入の巻。

 

とりあえず、写真で姿をご覧いただこう。

 

正面から
正面から
裏側
裏側

APXT2は、俗に”パーラータイプ”と呼ばれるサイズのミニギターです。このサイズのギターは、標準でレギュラーチューニングなので、フルサイズのギターからの持ち替えでも、違和感があまりありません。

パーラータイプのミニギターって、実は結構種類が出ているのですが、APXT2はその中でも機能面で充実した一本です(価格もお手頃です)。

YAMAHAの名器、APXシリーズのトラベルモデルだから”T2”なんでしょうね。

 

ヘッド。なんかいつものYAMAHAのロゴと違う。
ヘッド。なんかいつものYAMAHAのロゴと違う。
ヘッドの裏側。ペグは安定してて回しやすい。
ポジションマークは5・7・9・12・15フレット。個人的には15要らんから19に欲しい。
ポジションマークは5・7・9・12・15フレット。個人的には15要らんから19に欲しい。
側面から。結構薄いです。
側面から。結構薄いです。
側面から。この薄さ、まるでエレキギターのよう。
側面から。この薄さ、まるでエレキギターのよう。
ネックヒール。ストラップピンが最初から打ってる。よくわかってる!!
ネックヒール。ストラップピンが最初から打ってる。よくわかってる!!
塗装がはみ出てる。この価格帯の仕上げの甘さ。
塗装がはみ出てる。この価格帯の仕上げの甘さ。
塗装がはみ出てる。この価格帯の仕上げの甘さ。
塗装がはみ出てる。この価格帯の仕上げの甘さ。
塗装はみ出てる。その2
塗装はみ出てる。その2
エンドピン・電池ボックス・シールドジャック
エンドピン・電池ボックス・シールドジャック
電池ボックスは単三電池×2です。9Vより使いやすくて好感もてる。電池付属。
電池ボックスは単三電池×2です。9Vより使いやすくて好感もてる。電池付属。
知らない間に、電池ボックスが床に落ちてる事が一度あったから、ちょっと気を付けた方が良いかもw
知らない間に、電池ボックスが床に落ちてる事が一度あったから、ちょっと気を付けた方が良いかもw
チューナー付き。便利!!ちなみにピックアップはアンダーサドルでなく、ピエゾです。打音でます。
チューナー付き。便利!!ちなみにピックアップはアンダーサドルでなく、ピエゾです。打音でます。

最近ではチューナー標準搭載のエレアコは珍しくなくなりましたが、これついてると本当に便利です。

また、エレアコ市場ではアンダーサドルピックアップのギターが主流ですが、APXT2はピエゾピックアップを採用しているのも特徴です。ピックアップが弦鳴りでなく、ボディの鳴りを拾うので、音の出方が違います。ボディヒットの音も拾うので、押尾弾きには嬉しい一本です(=゚ω゚)ノ

 

 

580mmスケールのフレット。ちょっと短い。
580mmスケールのフレット。ちょっと短い。
ボディ。この独特のフォルムが可愛い!
ボディ。この独特のフォルムが可愛い!
ボディ。この角度がお気に入り。
ボディ。この角度がお気に入り。

カッタウェイが入ってるので、ハイポジションも押さえやすいです。もっとも、ミニギターのハイポジションは、若干音が狂いやすいのですが…。

 

 

楕円形のサウンドホール。
楕円形のサウンドホール。
ブリッジ
ブリッジ
ブリッジ。この角度も好き。
ブリッジ。この角度も好き。
なんと、ギリギリ片手で持てます!というか、片手で持ちながらもう片手で撮影してますw
なんと、ギリギリ片手で持てます!というか、片手で持ちながらもう片手で撮影してますw

捕った(撮った)どー!w

 

付属の専用ケース

付属の専用ケース。ソフトケースです。ポケットついてます。
付属の専用ケース。ソフトケースです。ポケットついてます。

ギグケースではありません。お約束のソフトケースです。ドラクエで言えば「ぬののふく」です。擦り傷などから守る防御力しかありません。

 

ソフトケースの裏側。ショルダーストラップ付き。
ソフトケースの裏側。ショルダーストラップ付き。

ショルダーストラップがあるので、持ち運びには便利でしょう。

 

ギター収納するとこんな感じ。口が大きく開くのでしまいやすいです。
ギター収納するとこんな感じ。口が大きく開くのでしまいやすいです。

というか、この手の特殊なサイズのギターは、きちんとしたケースを探すのに苦労すると思うんだよなあ。ギグケースにしろ、ハードケースにしろ。

もっとも、僕は根っからのインドア派なので、あまり関係ありませんが(´・ω・`)

 

標準サイズと比較

ドレッドノート(右)と比較。うん、小振りです。
ドレッドノート(右)と比較。うん、小振りです。

スケールもボディも小さく、おまけに薄いです。持ち運びに便利だし、家の中で気軽に手にとって弾くのにも良いです。変則チューニング可。

これでソコソコな音がするからすごいです(もっとも、右のドレッドノートに比べるとポコポコした音で、音量も小さいです。最初はオモチャみたいな音と思いましたw)

そんなワケで、コンパクトなボディに多機能を詰め込んだギター、APXT2でした。音に関しては、また改めてレビューします(=゚ω゚)ノ

 


ヤマハ トラベラーエレクトリックアコースティックギター APXT2 NT

Pocket

Adsense by Google