シンプルなソロウクレレが好き!「涙そうそう」弾いてみた。

楽譜読むダンボー

古いアルバムめくり・・・でお馴染みの「涙そうそう」をソロウクレレで弾いてみましたよ(・ω・)ノ

関口先生のウクレレ譜きれいです

譜面は関口祐二先生のスコア「ウクレレでJ-POP」です。

僕はこの採譜してる関口先生とはまるで、まったく面識はないのですが、出版されてるスコアは好きなモノが多いです。

弾き易いアレンジにしてくれているんだと思いますが、それでも和音の感じとかしっくりきます。

ちょっと音を整えてあげるだけで、そこそこ聴ける音楽になります。

 

シンプルな演奏がいい

僕は押尾コータローさんみたいな、ちょっとカッコイイ弾き方をするギタリストさん達を好みます。

僕も押尾さんの曲を何曲か弾きますが・・・やっぱり弾くの難しいんですよね(^_^;)

人前で演奏する事が増えて、より強く思う様になったんですけど、カッコつけて難しい事しようとして失敗すると、カッコ悪さ倍増・・・(´・ω・`)

それならいっそ、思いっきり簡単なアレンジに変えて、堂々と余裕のあるプレイをしてる方がカッコイイのかなと。余裕は大切です。味付けもしやすいです。

最近はよく、シンプルな譜面を味わうように弾いてます。これが結構癒されます。なかなかレパートリーにならないのが悩みですが。

派手さはなくとも、素朴さを味わうのもソロウクレレの醍醐味かもしれません。シンプルポロポロ系ソロウクレレ大好きです。

 


ウクレレでJ-POP 関口祐二

 

 

Pocket