ピッコロギターでオープンチューニングする時は、キーを上げると音が安定する。

Ibanez EWP14 ピッコロギター

最近お馴染みになってきました、ピッコロギター(Ibanez EWP14)で押尾コータローさんを弾いてみたシリーズです。今回は6カポチューニングで『Legend~時の英雄たち~』を弾いてみました。ピッコロギターでオープンチューニングする時は、キーを高めにチューニングした方が音が安定するようです。

ピッコロギターにおけるレギュラーチューニングはADGCEAなので、普通のギターの5カポチューニングです。

Legend原曲のチューニングはGGDGADなので、普通にピッコロギターでチューニングするとCCGCDGとなります。

しかし、このままだと全体的に弦のテンションがダルダルになってしまい、演奏中に音も狂いやすくなります。これは、ピッコロギターに限らず、ショートスケールを採用しているギターの宿命です。

そこで、C#C#G#C#D#G#の半音上げで解決する事にしました。原曲から考えると、6カポチューニングになります。

半音上げるだけで、音の安定感がかなり改善されます。最近弾いてみた、JetHARD RAINも、原曲はGGDからはじまるチューニングなので、6カポチューニングにしています。

ミニギター弾きのみなさま、よろしければお試しアレ(=゚ω゚)ノ

 

Pocket

Adsense by Google